読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だから早く君だけの僕になれ

ジャニーズとハロプロ

#じゃにおたバトン をやってみる

 

 

なかなか今更…?ですがじゃにおたバトン!バトンだなんて懐かしい響き!中学生のときアメーバブログでわたしもやってたな〜、「好きなタイプ:相葉くん♡」みたいなやつ!うわ〜懐かしい!これわたしと同年代のジャニヲタは誰もが通ってる道なんじゃないかな…そんなことない?

 

 

お借りしました!

 

 

 

 

 

 

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

 

 

【名前】

林檎

 

 

【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】

名前:

相葉雅紀

安田章大

 

好きなところ:

好きなところって難しい。だって自担だもん!全部が好きに決まってる!つま先から髪の毛1本1本まで好き!ニキビからスネ毛まで好き!存在が好きだよ!

①顔が好き。目尻のシワが好き。黒目がちな目が好き。長い手足も好き。笑顔が可愛いところが好きだし意外と不器用なところも好き。人見知りなところもそれを隠すために必死にニコニコしてるのにメンバーに簡単にバラされてるところも好きだし、アイドル何年戦士だよって話なのにいつまでたっても作り笑いが下手くそなところも好き。子供には無償の愛と笑顔を捧げるところとかやたら懐かれて好かれるところとかも好き。

②やっぱり顔が好き。目尻のシワと豊麗線が好き。決して良いとは言えないスタイルもゆるキャラみたいで可愛くって好き。とかいいつつ意外と肩幅があって筋肉もしっかりついてて男らしい体つきはところが好き。アホなところも好きだしいつもニコニコしてるところも好きだしなんだかとってもクレイジーなところも好き。

 

担当になったきっかけ:

①中学1年生のとき、同じクラスの相葉担の友達に相葉くんの魅力を力説されたこと。気がついたらTimeツアーの相葉くんのソロ曲・Friendshipの映像ばっかり見てた。落ちサビの「笑顔が映ってる」の笑顔!!!あれはあかん!!!

②好きなブロガーさんのブログで「ばしゃ馬さんとビッグマウス」が紹介されていたのを機に鑑賞、その数日後に友人に勧められ弾丸で参戦した元気が出るLIVEにて堕ちました。誰を目で追えばいいのか分からずに参戦したけど、映画を見て気になっていたこと・うちわのビジュアルがべらぼうに可愛かったことを理由に唯一安田くんのうちわを買ったらもう安田くんしか見れなかった。俯き気味にギターの弦を弾く安田くん、前髪が目にかかって色気だだ漏れですごかった…

 

 

 【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

2007年頃。きっかけは特になくて、ただジワジワと、気がついたら嵐が巻き起こす嵐に巻き込まれていました。ただ初恋は伊藤家の食卓三宅健くん。

 

 

【担当遍歴】

(櫻井翔 → ) 相葉雅紀安田章大

 

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

・あいにの(嵐・相葉雅紀×二宮和也)

別名総武線コンビ。「にのあい」じゃなくて「あいにの」なところが個人的にはポイントです。二宮くんは右で固定だ馬鹿野郎!コイツらはいい。コイツらはいいぞ!二宮くんを前に目一杯お兄ちゃんぶる相葉くんと、やたらウキウキ楽しそうに相葉くんの話をする二宮くん。二宮くん、ほんっとに相葉くんのこと好きだよね?!相葉くんのことになると声の大きさが1.5倍になるよね?!すーぐ相葉くんの話はじめるよね?!いいぞいいぞ〜!あとは身長差もいいしユニゾンの相性もいい。めちゃめちゃ仲良しの幼馴染、いろんなヤンチャもしんどいことも楽しいことも嬉しいこともぜんぶ一緒に経験してきた最高の仲間です・みたいなふたりなのに、たまに君たち付き合ってるだろ?!みたいな空気を漂わせてくるふたりが大好き。キュンキュンしちゃう!嵐の宿題くん(2009年12月14日、安田美沙子さんゲスト回)の中で二宮くんが「まーくんアッ相葉さん」って相葉くんの呼び方を慌てて訂正したこと、一生忘れないからな!好きだ!

 

・くらやす(関ジャニ∞大倉忠義×安田章大)

隙があれば安田くんに体の一部が触れている大倉くんとそれをまるで空気のように受け入れる安田くん。大倉くんは安田くんにくっついてないと死んじゃう病気みたいなとこ、あるよね。知ってます。すごくいいと思う。上目遣いで大倉くんを見上げてきゅるんとしたお目目をくしゃっと細める安田くんは紛れもなく天使。わたしの中で倉安は大倉→→→←安田くらいが理想なんだけど、それでもたまに言葉の端っこに大倉くんへの尋常じゃない愛情と独占欲を滲ませる安田くんが大好きだしそんな安田くんのヒモ彼氏であることをいつでもどこでも自慢してくる大倉くんもまた大好きです

 

前記事でもくらやすちゃんの話をしていたのでそのまま持ってきました(笑)自分が書いたものなのでリンク等も致しません、なんて雑な仕事…

 

 

【1番心に残ってる現場】

【初めて行った現場】

2010年8月21日土曜日、国立競技場での「"Scene"〜君と僕の見ている風景〜」です。初めて行った現場であり1番心に残っている現場。生まれて初めて大好きな嵐をこの目で見た瞬間はきっと一生忘れない。親を必死に説得して入ったFCで初めて応募して、初めて当たったコンサート。友人と行きたいというわたしの願いは母に却下され、わたしの真似をして嵐のファンになった妹と保護者の母を連れてならいいよとようやく応募の許可が出た初めてのコンサート。会場に入るまで、暑くて死ぬかと思った。母にやたらと水分補給をすすめられた。あとは入り口がたくさんあってフラフラ彷徨った記憶。会場に入ってもovertureが始まってもぜんぜん実感が沸かなかったのに、movin'onで滝の中から嵐が出てきた瞬間、地団駄を踏みながらボロボロと涙をこぼしたコンサート。国立競技場の上の上の席で、メンバーは米粒よりも小さくて、それでも嵐がこの世に本当に存在するという事実を目の当たりにして興奮して震えた。嵐が!生きている!嵐と!同じ空気を吸っている!って感じ。国立競技場という広い会場で7万人がユラユラ揺らすめちゃめちゃ綺麗なペンライトの波と、その中を楽しそうに駆け回る5人の大好きなアイドルたち。「ああここが天国か」と何度も思ったし、「今日が人生の幸せのピークかもしれない」とも何度も思った。ただ人生初のコンサートでどこを見ればいいのかも・もっと言えば楽しみ方もイマイチ分からなくて。覚えているのは嵐が登場した瞬間と櫻井くんのソロ曲T.A.B.O.O時のモニターがやたらエッチだったこと、それからLet me down時のモニターがやたらおしゃれだったこと、相葉くんのソロ曲Magical Songの間奏で相葉くんの衣装のジャケットがキラキラ光ってたこと。それだけです。それだけだけどあのときの興奮は一生、ほんとに一生忘れない。

 

 

【最近行った現場】

ジャニーズ現場はなかなか手が出しにくい。高いし。まずは東京グローブ座にて丸山くんのマクベス。感想はたらたらとブログに書いてます。けっこう長い。 

その前は嵐のワクワク学校。ちなみに直後のツイートがこれ。

そう!小瀧くんが!ほんっとに可愛かったの!深呼吸、のシンが書けなかった小瀧くん。どことなく小瀧くんから三浦家康みを感じてしまったのが悪かった。小瀧くんわたしと同い年とか信じられない…健やかみがすごい。そしてしばらくしてからのツイートはこれ。 翔潤が激アツでした。重なる翔潤。これは完全に下ネタです。帰り道は翔潤がやばかった、しか言ってなかったと思う。現場行った直後って語彙力欠落するよね。あとはこれ。 相葉くんのこのVTRに携わった全ての人に感謝したい。アリガトウ!!! 

その前はJaponism 。

   

そしてその前は関ジャニ∞の元気が出るLIVE‼︎

こんな感じで遡れます。どれもこれも楽しかったな〜!!ぜんぶの感想を語りだしたらキリがないから感想ツイートを適当に貼り付けてみました

 

 

【次行く現場】

決まっているのは関ジャニ∞リサイタルの新潟2日目両部。初めてのツアーオーラス!その前に生田斗真くんと神山智洋くんのVBBを観に行けたらなあと思っていたのですがなんせチケットが手元にない…ついでにお金もない…行った際にはまたきっと長文ブログを書き上げます。もう終わっちゃうな…行けるかな…無理かな…。リサイタル楽しみだな〜!

 

 

【記憶に残ってるファンサ】

そもそもファンサをもらった記憶というものがぜんぜんない。お金のない学生嵐担ってみんなそうなんじゃないかな…ファンサってそう簡単にもらえるものなの…?初めてもらったのは2015年夏の宮城。相葉くんからです。「エッわたし…?わたしだよね…?」って愕然としてる間に去ってしまって、ただ相葉くんの笑顔がとんでもなくキラキラしてたことしか覚えてない。どの曲だったかすら覚えてない。バクステからセンステに向かう途中の花道で指差し、からのお手ふり。終わった後に連番してた友達から「ファンサもらってたよね?」と言われ「やっぱり?!やっぱりアレわたしだったよね?!」と実感。そこでようやく涙が出ました。相葉くん、思い出をありがとう

 

 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

③Dye D?(関ジャニ∞)

自担の作詞作曲曲はたくさんあるけれど、これが断トツで好き。この曲も関ジャニ∞を好きになる前から友人の勧めでまんまとハマってたくさんリピートしていました。やたらセクシーな声の錦戸亮ちゃんの英語詞から始まり、ひなちゃんの歌声のインパクト、そしてサビのすばるくん(言葉にできない)!!!間奏でボーン!と鐘が鳴ってほんの一瞬ブレイクするのが最高に気持ちよくてかっこよくて好きなのですが、ライブだとめちゃめちゃ楽しいことになっているのですね。それもまた好き。

②I to U(関ジャニ∞)

歌詞が…歌詞がとんでもなくいいですよね…。「眠れない夜には寝相の悪さ見て笑い」とか「誕生日に欲しいものちゃんと言うって決まりや」とか、エピソードがいちいち可愛らしくて好きです。モーニング娘。AS FOR ONE DAYの「おもちゃの指輪に名前を入れたり」と同じくらい好きです。こんな可愛らしいエピソードが歌い出しの丸山くんをはじめみんなが優しくて甘くて柔らかい声でほんわりと歌っていて、そんなの!そんなの!(すき)   ジリジリというノイズ音から始まって、「もう愛して、…」とか 「愛してるという、…」とか 「I to U、…」とか、同じフレーズがたくさん繰り返されていくのが、この曲の主人公が懐かしく愛おしく哀しい過去をゆっくりゆっくり辿っているみたいでそれも切なくて好き。

①JAM(嵐)

これはもう!大っっっ好きです!「あの角を曲がればキスもできる」ってなにその歌詞…天才かな…。若さの残る嵐のメンバーのまだちょっと荒々しい歌声が(恐らく)可愛らしくてちょっぴりわがままで甘やかされ上手かつ愛され上手な、ちょっとオンナに嫌われやすそうなオンナに振り回されてるのがたまりません。振り回されて、いいように利用されて、それでも好きで好きで、分かってるのにやめられなくて、ってアワアワしている感じがどんどん迫り来る言葉のテンポに現れている気がしてワクワクする。いちばん好きなのは相葉くんの『忌々しい「今」に未だに縛られて』です。最初の「い」の音の勢いが好き。その直前の大野智くんのパートの『「今」じゃない 「今」はダメだと』の2回目の「今」で声が微妙に裏返るのも好き。ぜんぶ!すき!です!(完)

 

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

③マーメイド(関ジャニ∞)

横山裕くんが演出を手がけたカウントダウンでのこの曲のダンス。関ジャニ∞さんってゴリゴリのかっこいいダンスナンバーはあんまりないけど、踊ればかっこいいんだからもっともっと踊って欲しいなってずっと思ってます。村上くんのソロダンスがたまらなく好き。関ジャニ∞はみんなおしゃれな踊り方するよな〜、手の遊ばせ方がおしゃれ。(笑)

②RIGHT BACK TO YOU(嵐)

これはいざなうツアーのじゃなくて、AAA+inDOMEとかの、着物のような衣装で光る刀のような長い棒を持って踊ってるやつです。5人の殺陣のような振り付けがほんとうにかっこよくて!複雑な動きはあまりないのだけれど、斬ったり振り回したりと一挙一動、つま先の先まですべて美しくて大好きです。

時計じかけのアンブレラ(嵐)

アラフェスで歌っていた、大野智くん振り付けのやつ。智くんがライブで5人の曲に振り付けを始めたのって2012年のアラフェスのこの曲とか、とにかくこの頃から…ですよね…?(あやふや) 前奏、Aメロと、トットッとリズムに合わせてステップを踏むのが楽しい。Aメロを歌う大野くん、相葉くんが先頭に立って、その後ろを付いていくのだけど、ただ付いて行くだけじゃなくて手の動きが美しくて、終始俯き気味で目線が色っぽい。そしてサビですよ!えええええーーーー!そこでそんなウェーブいれるーーーー?!よくみんなついていけたね?!相葉くんよく頑張ったね?!エライエライ!よしよし!おねーさんが褒めたげよう!と思ってたらまたトットット、と3こ分足でリズムをとって、うわあそこのリズム拾う?!とびっくりしたりと、なんだか情報量が多くて不思議で楽しくて美しくて、でもああなんだか大野智だな、と思わされる振り付け。好き。ラップ部分「マダダメマダダメ〜」でのリズムの取り方も楽しい。好き。

 

あとこれ振り付けの話じゃないけど、ぜんぜん関係ないんだけど、Aメロの松本潤くんの「疑うよりも〜」のメロディーに下ハモをいれている櫻井くんが写っている2012年のアラフェスのDVDが大好きです(2013年は覚えていない)。下ハモばっかり歌ってる潤くんが主旋律で下ハモがついてるパターン、珍しくてすごく好き。2012年のアラフェスはほんとに良いライブですよね。投票を行ったおかげで、普通にメンバーが構成を作ってたら聞けないであろう曲がたくさん聞けて。Love Situationも夏の終わりに想うことも!スケッチ〜Hey Hey Lovin' Youの4曲の流れは最強だし、大宮SKも帰ってきて、La tormentaも聞けて!からの時計じかけのアンブレラで。嵐の入り口になる円盤というよりはファンに嬉しい円盤。この年のアラフェスは当選して入ることができたのですが、時計じかけのアンブレラのかっこよさに痺れた直後に壮大なオケが始まってワクワクしたし、本当にオーケストラが出てきたときにはなんだか美しくて鳥肌がたって、からのOne Loveでは体中に羽を纏った白衣装の5人の王子様のかっこよさにぼろぼろ涙が溢れて。その衣装のままtruthだなんてブラックな曲を踊ってくれるからそのギャップに頭がクラクラして。ダブアンのEYES WITH DELIGHTにvoice。もう!好き!あ〜このライブも最高だったな。

 

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

二宮和也くんの秘密。ここ最近のヘラヘラしながら照れながら踊る二宮くんじゃなくて、昔の本気でぶりっ子しながらきゅるるんと踊る二宮くんの後ろにつきたいです。

 

 

【1番好きなペンライト】

嵐・Japonismのは演出込みですごく好き。制御されてるおかげでとんでもなく綺麗だったし、終わりのメンバーの挨拶は制御されていないのにファンが勝手にそのとき挨拶しているメンバーのメンバーカラーをチカチカとみんなでカラチェンして光らせているのも楽しかったしなんだか嬉しかった。最近ではキスマイちゃんのアイスクリームのペンライトもカラチェンできる仕様なのかな?カラチェン文化楽しいからもっとジャニーズにも浸透すればいいのに。

 

 

【1番好きな衣装】

 選べない〜〜!やっぱりどれも好き。でもキラッキラのスパンコールでいっぱいだとかふわっふわの羽根がついてるとか、アイドルの王道っぽい・尋常じゃなく派手なステージ衣装っぽい衣装が好きです。あとは真っ黒の細身のスーツとか着られたら死ぬ。

 

 

【よく買う雑誌】

おじさん担なのでアイドル誌3冊はまったく買いません。テレビ誌は安いから簡単に手が伸びてしまいます。あとはananの写真と+actのテキストは外れがないから自担が載ってたら絶対買っちゃう。ファッション誌も高確率で写真がお洒落だけど、高いものだと見開き2ページに800円とかするので躊躇してしまいますよね。今月のメンノン、丸山くんべらぼうにかっこよかったな〜!欲しい〜!

 

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

嵐はJaponism。本人たちが「原点回帰」とか「ジャニーズを追求」とか言っていたけれど、ほんとうに美しかった。あまりにも洗練されすぎていた。一瞬一瞬、とにかく画が綺麗。楽しいとかかっこいいとか、そういう話をするならまた話は別だけれど、これほどまでに高貴で誇り高いライブはこの先嵐にすらできないんじゃないかな…。イン・ザ・ルームの櫻井くんの表情はドエムには堪らないと思うので我こそはドエムだ!という方はぜひ。

エイトに関して、ド新規のわたしのいちばんのお気に入りはJUKE BOX。良曲揃いです。イケイケなバンドもしっとり歌うのもキレッキレなダンスもおちゃらけなメンバーもぜんぶ観れる。Your WURLITZERからEightpop!!!!!!!までの畳み掛けるかのような勢いのあるセットリストが最高です。あとは丸山くんのビジュアルがすごく良い。俯いてベースを弾く丸山くんの鋭い目が長い前髪からチラチラと見えるたびに興奮する。鼻が高いのでそういうシルエットが映えますよね。

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

幼稚園生から小学校中学年までモーニング娘。が大好きでした。小学生のときに流行っていたプロフィール帳の将来の夢の欄にはアイドルって書いてた。巡り巡ってまた今現在、モーニング娘。のヲタクもやってるので人はそうそう変わらないなあと実感しております

 

 

【最近気になっている子】

ワクワク学校からジャニーズWESTの小瀧くん。笑いのレベルが高そうなニオイがぷんぷんしてたしなにしろ顔がかっこいい。スタイルもよくて完璧なビジュアルなのになんだか残念なあたりがとってもアイドルらしくて好きです。それからワチャワチャと戯れるしげじゅんを菩薩のような目で眺めているうちに重岡くんも。からくり人形〜!海老沢くん〜!トゥッキ〜!いまの悩みはジャニーズWESTのFCに入会するか否かです。遅かれ早かれ入会する未来は見えてるのでそれならとっとと入ったほうがいい気はするけどこれから嵐の冬ツアーに恐らくエイトの冬ツアーに…ってアレコレ追っかけてたらジャニーズWESTにまで貢ぐ余裕はないんだよなあ…小瀧…重岡…てるしくん…!ジャニーズWESTは良い。とても良い。

 

 

【最後に一言!】

好きな曲も好きな振り付けも好きな衣装もぜんぜん決められなくて困ったけど楽しかった〜!ありがとうございました

 

 

安田くんにしてもらいたい10のこと

 

 

関ジャニ∞安田章大くんを好きになって、約8ヶ月がたちました。勢いで参戦した元気が出るライブ東京公演にて一目惚れ。ちっちゃいのにおっきくて、可愛らしいのにかっこよくて、女の子みたいなのに誰よりも男らしい、夢の詰まりすぎている安田くんに惚れ込んで、どうしようもなく好きで好きで、この8ヶ月間、顔を見るたびに・声を聞くたびに、あぁこれが恋か…と実感する毎日を送ってきました。

8ヶ月をカウントしていたわけではないのですが、なんとなくカレンダーを眺めていたら8ヶ月経っていたことに気がついたので、関ジャニ∞さんの「8」推しにあやかってわたしもなにかしてみよう、と考えまして。

 

題して!

「安田くんにしてもらいたい10のこと!!!」(ドンドンパフパフ〜!)

 

"愛"は「してあげたい」、"恋"は「して欲しい」、と誰かが言っていたような気がする定義に基づいたらわたしの安田くんへの感情は紛れもなく"恋"です。だって安田くんにしてもらいたいことたくさんある!ありすぎて困ってる!逆にしてあげたいことってなんだろう…幸せにしてあげたい…?安田くんを幸せにするのは大倉忠義の仕事なのに…?(倉安過激派) というかそもそも人並み以上の悩みがあっても人並み以上に周りの人に恵まれていそうな安田くんだから、わたしなんかが幸せにしてあげたい!だなんて使命感を抱かなくても超幸せそうな気がしません…?なんてったって彼、ジャニーズのマザーテレサだし。

 

ということでそんな安田くんに恋するわたしがしてもらいたいこと。性癖がおかしいとたまに言われたりするのですが、わたしは変なわけではなく、ただ好きな人が少し変わってたりしたら可愛くて好きだなあと思ってるレベルなのであまり心配しないで頂けたら。

 

 

 

①いろんなカオを見せて欲しい

照れたえーがお拗ーねたよーこがおぐしゃぐしゃ泣き顔ー!ぜんぶぜんぶ、たっくさん見せてくれ〜〜!安田くんのいろんな感情ひとつ残らず見てみたいし感情を必死に隠してポーカーフェイスを演じる様もやっぱり見てみたい。大口開けてあっはっはと笑ってる姿が断トツで好きなのですが、眉間に皺を寄せて苦しそうにして見せたり、目をかっぴらいて思い切り睨みつけて見せたり、普通に生きてるうえで家族や友人はなかなか見せてくれないような表情をアイドルは歌で演技で惜しげもなく晒してくれるので最高ですよね。

 

②大倉くんといちゃいちゃして欲しい

倉安は最高です(テーブルバンッ)!!!倉安ほど尊いカップリングってなかなかないですよね!!!異論は認めますが!!!まずは身長差が完璧。男同士であの身長差のふたりがとんでもなく仲良しって何事かなあ、人類の奇跡だよね?隙があれば安田くんに体の一部が触れている大倉くんとそれをまるで空気のように受け入れる安田くん。大倉くんは安田くんにくっついてないと死んじゃう病気みたいなとこ、あるよね。知ってます。すごくいいと思う。上目遣いで大倉くんを見上げてきゅるんとしたお目目をくしゃっと細める安田くんは紛れもなく天使。わたしの中で倉安は大倉→→→←安田くらいが理想なんだけど、それでもたまに言葉の端っこに大倉くんへの尋常じゃない愛情と独占欲を滲ませる安田くんが大好きだしそんな安田くんのヒモ彼氏であることをいつでもどこでも自慢してくる大倉くんもまた大好きです。ありがとう。倉安の仲を引き裂く者は例え神様が許してもこのわたしが許しません。…アッやっぱりまるちゃんなら許す!最愛のシンメかつ最大のライバルな漫才コンビ山田ちゃん。好き。がしかし最近はそんなまるちゃんと安田くんのヒモ彼氏大倉くんが浮気中ですね。巷では安田くん、元サヤとまで呼ばれてたり。とんでもない事態!!!これは大変!!!いちゃいちゃしすぎて事務所にでも怒られちゃったから自粛中かな?そうなのかな?求めてるヲタクは絶対にわたしだけじゃないよ???もっと遠慮なく見せつけてくれていいんだからね〜!!!

ちなみに倉安(関ジャニ∞大倉忠義×安田章大)とあいにの(嵐・相葉雅紀×二宮和也)と鞘ハル(モーニング娘。鞘師里保×工藤遥)がわたしの三大尊いカップリングです。

 

③演技のお仕事をたくさんして欲しい

いちばん上にわたしが安田くんを好きになったきっかけは元気が出るライブの東京公演だと書きましたが、わたしのスマートフォンのボイルメモのアプリには、ばしゃ馬さんとビッグマウスの天童くんの「…ふはっ、酔ってるん?」がしっかり入っております。DVDを借りて家で見て、何度巻き戻しても飽き足らず録音したのが2015年12月2日。天童くん、すごくすごく可愛いよね?ここでは映画の話はしないけどいつかは天童くん大好きブログを書きたいなあ。この天童くんに惚れ込んだおかげでわたしは元気が出るライブに参戦することになったしそこで安田くんばかりを目で追うことになったし。…ってあれ、わたしが安田くんに堕ちたのって現場じゃなくない?映画じゃない?ということでとにかくもっともっと演技仕事をしてください!スキャナーのトチ狂った爽やか刑事な安田くんもフラジャイルのパジャマ姿のバブバブ泣き虫な安田くんもすごく…すごく良かったよ…!関ジャニ∞クロニクルでも驚異的な即泣きを見せてくれるわけだし!どんどん演技しよう。そうしよう。

 

関ジャニ∞をセルフプロデュースして欲しい

安田くんが作詞作曲譜割までこなしたDye D?がとんでもなく好きです。自分のパートは余ったところにした、と言った安田くんから感じられるのはどんなパートでも歌いこなせますよという有り余るほどの自信。かっくいー!ドドド新規なもので彼が過去にどんな形で関ジャニ∞の演出に関わってきたかをほとんど知らないのですが、安田くんがデザインするグッズは可愛いからもっともっと作って欲しいし安田くんの作詞作曲した曲は絶対にハズレがないし、トリッキーでクレイジーな発想をどんどん活かして面白いことをたくさんしてくれたらいいなあと、思い、ます。ちなみに安田くんが作詞作曲する曲も好きだけど、メンバーとの共作も本当に大好きで、特に渋谷すばるくんとのdesire、横山裕くんとのkicyuは本当に…!もう…!関ジャニ∞にあんまり興味なかった中学生の頃からkicyuだけは狂ったように聞いてた。ちなみに当時はkichuだと思ってたし、kicyuが横山くんの誤字を意味があると捉えたスタッフさんがそのままなんの疑問も抱かずに採用してしまったというエピソードが愛おしくて涙が出た。…あれ、話が逸れたな?

 

ハロメンと絡んで欲しい

わたしはジャニーズ事務所ハロー!プロジェクト兼ヲタです。誰がなんと言おうとこのふたつは最高です。絡め!ネチョネチョと、まるで納豆のごとく絡め!わたしに幸せを!ください!まずは、やすはる兄妹。関ジャニ∞安田章大くんとモーニング娘。'16・工藤遥ちゃんが兄妹だったら可愛いよね、というお話です。昔は章にぃちゃん章にぃちゃん、ってくっついて回ってきてたのに、いつの間にか思春期になって「ねえ」とか「あのさあ」とかしか言ってくれない妹ハルちゃんに寂しさを感じて「昔みたいに章にぃちゃんって呼んでや〜」っておねだりしたり「なぁなぁ章にぃちゃんと一緒にケーキ食べへん?」ってスイーツで釣ってコミュニケーションを図ってみたりする安田くんがいたら尊いと思いませんか?わたしは思います!あとは最近℃-ute矢島舞美ちゃんと中島早貴ちゃんのしましまコンビがダイビングを始めたみたいだし安田くんと3人でテレビでダイビングしちゃいなよ?!沖縄とか行ってついでに観光とかもしちゃいなよ?!と思っています。しましまがふたりでイチャイチャしてる横を変な距離あけて「これ僕いるぅ?」「なんやねんこれぇ」って終始困り顔で歩く安田くんも見てみたいし、謎の女子力を活かして「これかわええなあ!」とか言いながらちゃっかりふたりに挟まれてキャッキャしてる安田くんも見たい。あとはやしゅまー。モーニング娘。'16の佐藤優樹ちゃんに関ジャムで「やしゅだしゃん」と呼ばれてニコニコしてくれた安田くん。はぁ……好き!ツイッターのタイムラインにたまに流れてくるまーちゃんのネセサリー集に安田くんが存在するのを見るたんびに嬉しくて嬉しくて、胸が締め付けられてどうしようもなく苦しいです。去年の冬のツアーでは「やしゅだしゃん」とかかれた団扇を持ったファンも多かったと聞いたしここの絡みは兼ヲタ以外にも待ち望んでる人いるんじゃないかな…そんなことない…?わたしはいつまでも待ってる…!ちなみに佐藤優樹ちゃんは作詞作曲も趣味でやってるみたいなので、ゆくゆくは共作の曲なんか作って頂けたりしたら…わたしは…もう…(パタリ)

 

⑥女子の生理予測をして欲しい

 

わたしこれ、安田くんを好きになった2ヶ月後の2月終わりからずっと言い続けてる。始めに書いた通り、わたしは変な性癖を持ってるなんてことは全くないからそこのところは勘違いしないで欲しいです。ただ安田くんがちょっと人よりクレイジーだったら可愛くて泣けちゃうなあと思ってるだけです。はい。安田くん×生理のくだりは定期的にツイートしているのですが先ほどあげたふたつのツイートが全てです。匂いとか浮腫み具合とかで女子の生理日ぴったり当ててください…。もちろん安田くんが変人変態が故に成り立つことではあるんだけど、安田くんって彼女のこと本当に大事にしそうだしめいっぱい甘やかしてそうだし、そういうところも繋がると思うの。いつもいつも誰よりもよく彼女のことを見てるし考えてる。安田くんがそんな素敵な男性だったらいいなあと。

 

⑦この世界の女は全員を抱いていて欲しい

⑧メンバー全員に抱かれていて欲しい

これ、なんでだろう。男性らしさと女性らしさがこれほどまでに両立している人間をわたしは知らない。はじめ安田くんを知ったときにはフワフワしていて可愛くて、なんて中性的な人なんだろうと思ったのですが、なんかちょっと違った。低めの身長のわりにガッチリした体つきとかヒラヒラした可愛い衣装ばっかり着ていることとかそういうのじゃなくて。纏う雰囲気というか、なんかそういうのがいつも違う色をしている気がするというか。ライブ中にクールな曲を情感たっぷりに歌い上げる安田くんや目をギラつかせてギターをかき鳴らす安田くんは紛れもなくオスであって、オスでしかなくて。でも大きなトロッコに乗ってメンバーの横でニコニコちっさなお手手をいっぱいいっぱい振ってる安田くんやバラエティ番組でメンバーの横にちんまり立ってる安田くんは、こんなこと言っていいのか分からないけど完全に"可愛い"なんですよね。アホみたいに可愛い。なんでだろう?とりあえず、そんな安田くんだからこんな狂った過去を持っていない限り彼の魅力に説明がつかないというか。ただ大倉くんに抱かれてくれていたらいいなという倉安過激派の願望というか。…まとまらない!終了!

 

⑨わたしと結婚して欲しい

これはもうそのまんまです。やすす、わたしと結婚しよう?

 

 ⑩一生幸せでいて欲しい

これに尽きます。ここまでたらたらと願望を連ねてきたけれど、結局これ。最初に幸せにしてあげたい、というのは違うと書いたけれど、どうか幸せでいて欲しい。大好きで大好きでたまらない安田くんが、大好きなメンバーに囲まれて毎日ニコニコ幸せで、美味しいご飯を食べてほかほかのお布団でたんまり眠って、朝起きてお日様に挨拶して扉全開でおトイレしてパンツ履かずにお洋服きてお仕事に向かって、という生活に不自由を感じずにいてくれてたらそれだけでいい。安田くん。好き。

 

 

 

ヨシ、終わり方が分からないからこれにて解散!オー!なんだか文字が書きたかっただけなんだよ〜

 

 

 

 

マクベスを見た<後編>

 

 

マクベス!後編!驚異の今更感ですね!(笑)

ちなみに前編はこちら

前編に続き未だにマクベスロスから立ち上がれないわたしのぬるっとした備忘録です。やたら長いくせに好きしか言ってない。きっと時間が経てば経つほど記憶は改ざんされているのだろうなあ

 

 

マクベスがダンカンを暗殺した翌朝、何食わぬ顔で起きてくるマクベスが最高に好きです。黒いガウンの隙間からちらりと見えるほんのり割れた腹筋にあっけなく堕ちる。でも汗ばんだ身体に裸ガウンのイケメンってそれ堕ちない女子、いる?いやいない!(反語)ダンカンが暗殺されたことを知った(フリをする)マクベスが付き人2人を殺した理由の「誰にできよう、冷静と狼狽、平静と激怒、忠誠と冷淡を同時に示すことが?」のセリフ、マクベスの低めの声で小気味良いリズムが刻まれているようで聞いていて気持ち良い。決して気持ちの良いシーンではないのですが。

 

その後は、国王となったマクベスが王冠を被って登場するときの貫禄と、一人になりたいと言って皆と解散したあと暗殺者にバンクォー暗殺をそそのかす狡さと口の巧みさ 、更にその後本当に舞台上に一人になったマクベスが階段下に座り込んでいる姿の儚さ弱々しさのギャップに心を掻き乱されまくります。マクベスいろんな顔持ちすぎ!惚れてまうやろ!さらにマクベスったら、マクベス夫人に向かって「かわいいお前」なんて言うもんだから!前編でも書いたかもしれないけど、マクベスのおっきな手でマクベス夫人のちっさなお顔が包まれている図がとんでもなく好きなんです!ほんのり血管の浮いたマクベスの逞しいおてて!あぁもう!今は知らないままでいて・あとで褒めてもらおう、って!どんだけ!どんだけ可愛いの?!このセリフの一連の流れは丸山くんも雑誌かパンフレットか、とにかく何かで好きだと言っていましたね。丸山くん気があうね!結婚しようか!、とにかくそんなマクベスの可愛さに掻き乱されて、からの「さあ、奥へ行こう」でマクベス夫人の手をサッととって捌けるマクベスマクベスマクベス夫人の手をとって捌けるシーンはこことキスシーン後の2箇所だったかな?「男の子だけ生むがいい」のセリフ後も?とにもかくにもマクベス夫人の手をとって捌けるマクベスの背中がめちゃめちゃ男前なんです…ほんっとにかっこいい…記憶が曖昧が故にほんとに好きなのかって感じがしなくもないですが…

 

バンクォーとフリーアンスの暗殺のシーン、フリーアンスを逃がそうと1人で果敢に立ち向かうバンクォーのイケメンっぷりにも戦慄しました。バンクォーの年齢設定はよく分からないのですが、それなりの年齢に見える息子が可愛くて大事で大事で仕方ないバンクォーが堪らなく愛おしいです。バンクォーが意識をなくす前にバンクォーの前にすっと現れるロスの怖さに背筋が冷えました。ロス…お前ってやつは…!

 

宴会のシーン、マクベス夫人に挨拶をさせようとするマクベスと、マクベスを立てるためにマクベスの半歩後ろに立って「わたしは心の中で歓迎のことばを述べているので代わりにあなたが」と答えるマクベス夫人のベストカップルっぷりにきゅん。あなたたち、文化祭のベストカップルコンテストで優勝きたときも同じやりとりしたでしょう?ねえ?! (机バーン)軽く挨拶を済ませたあと裏でバンクォーの暗殺者から報告を受けるマクベスとそんなマクベスを迎えに行くマクベス夫人も可愛い。「陛下もお掛け下さい」と言われて「席がないようだな」と呟いたマクベスにきょとんとする周り、一歩間違えたらコントになりかねないのに不穏な空気がぷんぷんと漂っていて、狂い始めるマクベスの予感に目眩がしました。バンクォーの亡霊を見てワーッと騒ぎ立てて取り乱すマクベスがすごく好きだし、「それでも男ですか、男なら恥を知りなさい」と冷ややかかつ冷静な目でマクベスを見るマクベス夫人もすごく好きです。トンビの胃袋を墓に、というフレーズがやたらと印象的なのはなんでだろう。落ち着きを取り戻してはバンクォーの亡霊に怯えるマクベスがわたわたと暴れ倒すのが本当に、本当に好きです。さっきからわたし好きしか言ってないな…。わたしもマクベス、というか丸山隆平くんに「消え失せろ」って言われたいです。テーブルクロスの下に消えて行ったバンクォーに怯えて、腰が抜けて座り込んだままのマクベスがそっと足を伸ばして机近くをダンダンと鳴らしてみるその様、足の長さが浮き彫りになっていてドキドキします。テーブルクロスを引いて散らかる食器の立てた派手な音と、シンとした空間に響き渡るマクベス夫人の素っ頓狂な叫び声を聞いたマクベスが周りに「みんなもあれを目にしたはずだ」と切実に訴える様はトトロを見たメイちゃんとあまり変わりませんでした。わたしが守ります。マクベス夫人が適当にそれっぽい理由(どう聞いても無理があるけれど)をつけてみんなを帰したあと、怒りながら泣いてしまうのがすごく可愛い。向かい合って床にぺたりと座り込んで、世界から逃げるように互いの体に身を潜め合うマクベス夫妻。魔物に会いに行くとマクベスに背中を向けられてしまったマクベス夫人が机に腰掛けてシクシク泣きながら静かに捌けていくのが寂しくて悲しくて、マクベス夫人に感情移入し過ぎてしまって辛かったです。きっとマクベス夫人はこのあたりからマクベスの手を汚させてしまったことをひどく後悔し始めるのだろうな、と。

 

再び魔物に会いに行ったマクベス、魔物に渡された液体を注射器?でそっと体に注ぎ込むマクベスの色気がなんだか凄まじかったです。「体中を耳にして聞くぞ!」と言うマクベスが欲に塗れている感も最高だった。にしても、「女が生んだものにはマクベスを倒せない」と予言した、まだへその緒で繋がれた血だらけの赤ん坊があまりにも怖くてびっくりしました。女が生んだものには自分を倒せないこと、バーナムの森が向かってくるまでは安心していいこと、のふたつを知ったマクベスの高揚感も凄かった。どこか自慢気に、余裕たっぷりに口角を上げるマクベスの体から溢れんばかりの狂気。と、次の瞬間、未来の王の姿とバンクォーの亡霊を見せられてまたワーワーと叫び取り乱すマクベス。魔物たちが踊り狂うなかギョッとしたり虚ろな目で周りを見渡したりするマクベス。魔物の「この王様を満足させ労いの言葉をもらおう」というセリフが最高に皮肉めいていてなんだかドキッとした。

 

マクダフが逃げたことを知って、焦るマクベス。これからの計画は思いついた瞬間に実行しようと決意するマクベスが、もう完全にトチ狂っていて悲しくてたまりませんでした。マクダフ夫人とその息子が終始可愛いのだけれど、「謀反人は馬鹿だね、たくさんいるのだからみんなで協力して正直な人を縛り首にすればいいのに」というマクダフの息子のまるでマクベスの最期を予期しているかのようなセリフが思ったより淡々と語られていて愕然としたし、それを聞いたマクダフ夫人が嬉しそうに笑っている様にもゾッとしました。あとは「お父様がいなくなっても悲しまないお母様には、きっと新しいお父様がすぐできるんでしょう?」というセリフに「たわいもないことを!」と笑うマクダフ夫人、本で読んだときはそうでもなかったのに息を吹き込まれた瞬間なんだか意味あり気で絶望した。マクダフは後にマクダフ夫人と子供たちの仇をとるためにマクベスを殺すのに、もしかしたらマクベス夫人は不倫をしていたの…?と本気で考えさせられたのはわたしだけですかね。そうだとしたらマクベスの死の意味もまた変わってくるんだよな〜。悲しい。乳母車に乗っていた赤ん坊が壁にガンと打ち付けられる演出がほんとうに怖くて、2回目は見ることができませんでした。すごくしんどかった。"マクベス夫人が絹ならマクダフ夫人は木綿"とパンフレットに書いてあったけれど、和やかで、気は強いけれどなんだか楽しそうに笑うマクダフ夫人はきっと明るくて幸せな家庭を持っていたのだろうなあと想像させられて、胸が痛かったです。そのシーンに参加していたロスがその次のシーンでマクダフに妻子の状況を問われ無念そうな顔で「無事だった、お別れするまでは」と答えていてもう…!ロスめ…!ああ…!「その耳でこの舌を恨んでくれるな」じゃないよ!全身全霊で全てを恨むよ!もう!馬鹿!!!

 

そして眠りから覚めないマクベス夫人のシーン。あんなに気の強かったはずのマクベス夫人から漏れる悲痛な叫びは見ているこっちが辛かったです。舞台の真ん中で「しみが消えない、臭いが消えない」と呟きながら手を擦り合わせ続けるマクベス夫人が、ダンカン暗殺直後座り込んで自分の手を汚す血を怯えつつ眺めるマクベスに重なって見えてなんだか悲しかった。あまりにも痛々しくて涙が止まらなくて、さらに捌ける際に階段を登る後ろ姿を見て撃沈。お尻の辺りが血で濡れていて、ああマクベスマクベス夫人のこの状況に手を差し伸べることができないほど余裕がないのかと絶望しました。きっと手を血で汚す前のマクベスだったら(そもそも手を汚す前のマクベスならマクベス夫人は夢遊病にはならないという話は置いておいて)、眠り続けるマクベス夫人の頭を撫でて体を拭いて、服を着替えさせてあげていたのだろうなという考えがバンと浮かんで、ベッドの上で横になるマクベス夫人の手をそっと握って微笑むマクベスまで想像して泣いた。嗚咽が漏れるんじゃないかってくらい泣いてしまったのですが左にいたお友達は置いておいて(笑)、右隣に座られていた方にきっと多大なるご迷惑をおかけしたことを心から謝罪させてください。2回目の右側は通路だったからたぶん大丈夫。また後からあの血は「子供の不在」を表しているといったことも演出家の方のツイートで知って撃沈。バンクォー暗殺を企てるマクベスは「おれの子供にあとを継がせぬ気か。おれはバンクォーの子孫のために手を汚したことになるのか」と言っていたし、マクベスマクベス夫人との子供を産んで、その子が王位を継承して、という未来が欲しかったんだよなあきっと。

 

マルカムたちの軍勢が攻めてくるまでの終始イライラしたマクベスがとんでもなくかっこいいので国家レベルで保護したい。レノックスをがっと掴んで「どーこーのーぐーんーぜーいーだー?」と声を荒げるマクベス。グワグワとガチョウのモノマネをするマクベスがジャニ勉のまるちゃんでふと我に返って笑ってしまったのですが、2回目に見たときは短くなっていたのでこれは故意的な変更なのかなとどうでもいいかもしれないけれど少し気になりました。「病人はどうだ」と確認するマクベス、のちにマクベス夫人の死を知ったマクベスの様子にマクベスを殺してあげて、早くマクベスを楽にしてあげて、と思いながら泣いた。こんなときでもマクベス夫人が亡くなったという報告を受けたマクベスが、降ろしたままの右手をスッと振ってレノックスに退がれと命じるその仕草に軽率にときめく。わたしも…やられたい…マクベスにぞんざいに扱われたい…!1回目に見たときはそんなにショックを受けているように見えなくて、ただ事実を飲み込むのに必死なように見えたのですが、2回目に見たときは絶望に追いやられてどうしようもなくなっているように見えました。これもあとから知ったけど丸山くんがそのとき辿り着いたように、っていう指導があったのですね。なんか…違…う…?となっていたので鈴木さんのツイートを見て腑に落ちました。「あれもいつかは死ななければなかなかった」の「あれ」とか、ちょっと前の「病人」とか、心にぽっかり穴があいたような気分にさせられるからちょっと勘弁して欲しい…。愛があるからこそ「妻」と言えない、と後から鈴木さんもおっしゃっていたけど、ほんっとにしんどくて…!

 

マクベスの「口を開きにきたのならとっとと開いたらどうだ」…言われたい…!マクベスにぞんざいに扱われたい…!(2回目)「バーナムの森が動き出したように見えた」と報告を受けたマクベスが眼の色を変えて焦り始めて、それと同時にわたしも終わりが近づいてきている…!と焦り始めました(笑)。魔物の「バーナムの森が向かってくるまでは恐れるな」という言葉に呪われ続けたマクベスの「風よ吹け、破滅よ来い」のなんともいえない危うさ。

 

「俺の名はマクベスだ」「これ以上恐るべき名前もない」「女から生まれた貴様には倒されない」とザクザク人を斬っていくマクベス。ロスと対峙した瞬間、ロスがマクベスに跪いたもんだからあまりにも悔しくて、舞台じゃなかったらわたしがロスを刺してた。でも冷徹な目でロスの首をスパッと斬るマクベスがあまりにもかっこよかったので見ることができてよかった、舞台でよかったです。

 

ついにマクダフと向かい合うマクベス。「貴様だけは避けてきた」と言った直後に「おれのいのちには呪いがかかっている。女から生まれた者に対しては不死身だ」と強気な発言をしてみたりとなんだか情緒不安定で、マクダフが帝王切開で生まれたと知る前から何かを感じていたのかもしれない。マクダフが「女から生まれる前に自ら母の腹を裂いて出てきた」と知って途端に弱気になり、階段の踊り場で「戦う気は失せた」だなんて言っちゃうマクベス、可愛い。でも次の瞬間には斜め上にマクベス夫人の、恐らく亡霊である姿を捉えてフッと眼の色を変えて「誰が降参などするか」とマクベスマクベス夫人への愛の力はやっぱり偉大。あんなに素敵なキスシーンを見せてくれたもんね…うん…ありがとう…!マルカムとマクダフが兵を挙げたあとからマクベスの眼の色があまりにもコロコロ変わるものだから、ハート捕まれすぎてボロボロでした。

 

後ろの壁が赤い血で染まるのを見ながらこの2時間半で亡くなった人の顔を思い浮かべてどん底まで落ち込んだり、ぐっと突き刺されたマクベスの首にぎょっとしたりしている間に王位を得たマルカムのスピーチ。を少し高いところからとんでもない目で睨みつけるフリーアンス。そして暗転。

 

 

 

 

…ええええええ!そんなの!そんなの…!!!今このブログを書きながら思い出して、また鳥肌が立ちました。定期的にお風呂で思い出しては恐怖と絶望に襲われるフリーアンスの目。1回目はエッ…?と思ってる間に暗転してしまったので、2回目は予めフリーアンスがこれから立つであろう位置に双眼鏡のピントを合わせておきました。こういうことがあるとやっぱり2回目見ることができてよかったなあとしみじみ。そしてきっとこうして悲劇はまた繰り返されるのだろうなあとあらぬ想像をして勝手に落ち込む。魔物の予言はなんだかんだ全て的中しているので、フリーアンスもまた王位を得るために何かアクションを起こすのだろうか。ああ…

 

 

 

 

と溜息が漏れたマクベスでした。見ているだけで終始感情が忙しくってドッと疲れたのに、それを2時間半という長い時間をかけてノンストップで演じ切る丸山くんはじめ演者さん方の偉大さ。素人の「すごい」なんて失礼かも分からないけど、やっぱりすごい。カーテンコールでニコニコな笑顔を見てキュンとしました。1回目はお昼の公演だったので子役の子も見られたのですが、2回目に見たときは夜公演だったのでカーテンコール時には子役の子は舞台に立てず。大人に囲まれて堂々と舞台に立つ子役さん、とんでもなくかっこよかったです。

 

7/8のカーテンコールでは「当日券で来た人?」と確認、意外とたくさんいたと驚く丸山くん。「また来てくださいね」とニコニコ。7/20は「男性が多いですね」と嬉しそうな丸山くん。「マクベス初めて見た人?」「見たことあるって人?」「これからの人生でいろんなマクベスを見比べてみてください」というような内容だったと思います。捌ける直前、たくさんの拍手に包まれた丸山くんがさらに大きく広げた手をクイクイっとして拍手を煽って嬉しそうに楽しそうに笑う姿がようやくいつものスーパーアイドルの丸山くんで、とてつもなく愛おしかったです。8日のカテコの内容があまりにも薄いのですが、正直丸山くんのマクベスに圧倒されすぎて呆然としてしまって、舞台の内容の余韻に浸ってしまっていたので正直全く覚えておりません。関係者席が見える席ではなかったのでなんにも知らなかったのですが、8日は亮ちゃんとシゲが、20日はすばるくんと勝利くんが観劇してたのですね。相変わらずメンバーの舞台をきちんとチェックする仕事人関ジャニ∞さん。大好きです。

 

ここまでで約6500字!合わせて1万字以上の感想を書いたわけですが、マクベスロスが解消されたかというと全くそんなことありません。グローブ座にカメラが入ったのはライビュが行われた七夕の日だけかな…?その記録が円盤となってわたしたちの手元に届くまで、きっとわたしはマクベスから逃れられません。舞台の映像化は難しいって誰かが言っていたなあ。

 

マクベス夫妻の幸せを夢見ながらわたしは今日も明日も明後日も、また丸山くんの日めくりカレンダーを1枚1枚めくり続けます。丸山くん、舞台お疲れさま。

 

 

 

 

マクベスを見た<前編>

 

 

7月8日と7月20日に、東京グローブ座にて上演された鈴木裕美さん演出・丸山隆平くん主演のマクベスを観てきました。とんでもなく今更ですが、せっかくブログを開設したのでさらっと感想を殴り書き。ネタバレのオンパレード・むしろネタバレしかしてないです。観劇してからだいぶ時間も経ってしまったので、どこからどこまでが事実でどこからどこまでがわたしの中で作られた記憶で、とかがよく分かってない。わたしのマクベスだけ他の方が見たマクベスとはぜんぜん違う表情をしているかもしれない。と、そんな感じですがぬるっといきます。ヒウィゴー!

 

 

7/8観劇直後のわたし

……、語彙力!(笑)

 

いやでもなにがとんでもないって、なにもかもがとんでもなかったんです。もともとはこの日の1回しか観劇できない予定だったので「ストーリーについてくのに必死になってたら丸ちゃんのいろんな表情を見逃すことになる…そんなの耐えられない…!」と小説を読み、ネットであらすじを読み、いろんな方の解釈も読み、マルベスを観劇された方のネタバレもあちこちで踏み、と万全の体勢で臨んだつもりだったのですがそれでもやっぱりストーリーの哀しさにも丸山くんの美しさにも絶望する他なかった。

 

いちばんはじめのマクベス登場のシーン、次々と周りの人を斬っていく目の鋭さが素敵。何を隠そうわたしは好きな人に殺されたい願望を強く持っている人間なので(断じてエムではない)、冷たい眼で淡々と仕事をこなす丸山くんに刺されたい欲が爆発して溜息が出ました。ぐっと体に力を入れた瞬間に眉毛がキリッとなるのがすごく好き。殺した人の家族が恨みを抱えてマクベスに襲いかかってくるのを、殺したくなくて、それでも自分を守るために殺さずにはいられなくて、と葛藤するマクベスがすごく可哀想で…!「闘いは終わったんだ!」と説得を試みるも聞く耳を持たない相手を結局殺してしまって落ち込むマクベス。…からの丸ちゃん演じるマクベスの第一声

 「こんないいとも悪いとも言える日ははじめてだ」

 ひえ〜!!!ネタバレはたくさん踏んでたのでここで来ることは分かっていたし、WSでもこのセリフは取り上げられていたので心の準備は完璧だったはずだったのにうっかりここで泣いた(だいぶ早い)。ほんのり目元を赤く染めて虚ろな表情で呟くマクベスは守りたい男選手権2016下半期の優勝者だった。7月頭だったからまだあと6ヶ月あるけど。とにかくそこで一気に引き込まれました

 ちなみにここでマクベスに殺された3人がそのまま魔物になって「良いは悪いで悪いは良い」に繋がるんだけど、魔物3人の目が暗闇の中オレンジ色にぼやんと光ってるのが最高に不気味で鳥肌が立ちました。すごい…すごく良い…。最初の段階で「魔女をどう解釈したか」が演出家の鈴木さんと一致した、というのをいろんな雑誌でもパンフレットでも言っていたので魔物がどうやって表現されるかすごく楽しみだったんだけど、精神的な弱さが見せたものというふたりの解釈に、観劇してはじめて納得した。わたしが本を読んだときはマクベスマクベス夫人の中途半端な欲深さが生み出したものかなあと思ったので、マクベスが迷いながら殺した3人が魔物になったのにはすごい説得力があるなあと思いました。ていうか魔物3人のダンスの激しさが忘れられないんだけど、あとから鈴木さんのツイートで帽子の照明用とワイヤレスマイク用のバッテリーパックを装備していたと知って尊敬を通り越してちょっと引いた。魔物3人は基本出ずっぱりで、セットチェンジをしたり血糊で汚れたセットを掃除したり・マクベスの城の門番とかバンクォーの暗殺者とかの名前のない役をこなしたり、ととにかくいろんなことをされててすごく驚きました。あの方たちは役者さんじゃなくてダンサーさんなんだもんな…すごい…

 

そんな魔物に遭遇するマクベスとバンクォー、動揺したもののバンクォーとふたりでおかしな夢だと笑い合う姿はただの仲良しですごくすごく可愛かったんだけど、その直後コーダーの領主になるとロスに言い渡された・つまり魔物の予言がぴたりと当たったときのマクベス!恐怖と驚きとに包まれたのちに微かに野望を抱き始めるマクベスの表情がコロコロと移り変わるのが!好きです!

 

帰還してみんなに抱きしめられて揉みくちゃにされるマクベス、本気でムギュって抱き締められるせいで顔がべちゃっと潰されてて愛おしくってほんとに可愛いのに、そのあと次期国王にマルカムが指名されたときほんの一瞬だけとんでもなく怖い顔したのが忘れられない。すっごかった…直後いちばん最初に拍手して祝福するのもマクベスなんだけど、ニコニコしてるのに目が笑ってなくて、マルちゃんいつの間にそんなに演技が上手くなったの…ってまた泣けた

 

そしてあの!例の!キスシーンでございますよ!華麗な身のこなしでセットチェンジする魔物たちがサッとおっきなクッションをステージの真ん中にふたつ並べて置いた瞬間、手の中の双眼鏡をグッと握りしめて慌ててピントが合ってるか確認したのは絶対にわたしだけじゃないですよね?そうですよね?いいじゃんみんなで素直になろうよ!!!

 ピンク色のガウンを纏ってマクベスからの手紙を読んだマクベス夫人の一人語りがしばらく続くんだけど、マクベス夫人がほんとに可愛くて!悪妻の代表と言われてきたマクベス夫人だったけど、安藤聖さんのマクベス夫人はパンフレット等で言われていたようにほんとに愛に満ちた人でした。マクベスが大好きで、マクベスならできると・マクベスが一番だと信じて疑ってないんだなあというのがひしひしと伝わってきてほんっとに可愛かった…マクベスの弱さ優しさも理解したうえで自分がマクベスを支えられるように「自分を女でなくしておくれ・残忍な気持ちで満たしておくれ」と悪魔に懇願するマクベス夫人が健気で泣けてくるよね…こんなの無理…

 そしてマクベスマクベス夫人の再会!きつく抱き締めて頬にキスしてベッドに雪崩れ込んで、そのままキス・キス・キス!マクベス夫人のちっさな顔をすっぽりと包むように抱えるマクベスの手がおっきくて力強くてほんのり血管が浮き出ていて…!途中でマクベス夫人が体制を変えてマクベスに馬乗りになるんだけど、顔中にキスを浴びてそれでも「もっと!もっとだーー!」と足をジタバタしながら嬉しそうな高めの声でキスを強請るマクベスが最高に可愛い(抱かせろ)!

 マクベス夫人にダンカン暗殺を唆されるマクベスがどんどん不安げな表情に変わっていくんだけど、なんとか話を逸らそうと「あとで相談しよう」と言いながら終始落ち着きなくマクベス夫人の体をあちこち撫で回したり、夫人の言葉をいちいちキスで遮ろうとしては失敗したりして。すごく良いシーンなのだろうけどオアズケを喰らった大型犬みたいで可愛かったよね?そのくせしっかり前を見据えて立つマクベス夫人の背中からそっと抱きつくマクベスの腕とか、覚悟を決めたマクベスマクベス夫人の手をスッととって捌けるときのその背中とかはただの逞しい男なんだから世界一罪なヤツ…彼は真夏に限らずずっと罪…

 

ダンカンが泊まりにきた夜、食事の席を離れてひとり考え込むマクベスとそんなマクベスを追ってきて背中を押すマクベス夫人がとっても好きです。マクベス夫人に「あなたの愛はそんなものだと思うことにします」と言われて焦るマクベス is so cute。マクベスがやたらめったら「男」に拘って「男に相応しいことならなんでもやる、それ以上のことをやるのは人間ではない」と言う一方で「女」のマクベス夫人が「わたしは一旦やると誓ったなら自分の乳房を吸うかわいい赤ん坊の脳味噌をたたき出しても見せる」ときっぱり言い切ったの、「男」と「女」の対比が面白くって好き。文字にしてみたらめちゃめちゃ狂気染みてるのにそんなマクベス夫人から感じられたのはただただ強さだけだったから安藤聖さんすごい。そんなふうに強さを見せるマクベス夫人に「男の子だけ生むがいい」ってマクベスが言うの、千秋楽後に鈴木さんのツイートで語られた「子供の不在」を実感してから思い出すととんでもなくエモいな…

 

バンクォーとフリーアンス、マクベスの3人が夜中に話しているシーン、バンクォーがマクベスの企みに気付くのはこのシーンかな?それともダンカンが暗殺された直後マクベスが付き人を殺したと白状したときかな?とすごくドキドキした2回目の観劇。マクベスがフリーアンスに「おやすみ」と囁くその声があまりも優しくて「フォー!オイオイお前ら一体どんな関係だよ!!!」ってテンションが上がったけれど、マクベスには妻があったしそもそもフリーアンスは男の子でした。ごめんなさい

 

その後の短剣の幻影に翻弄されるマクベスと幻影を操る魔物役の3人の身のこなしがあまりにも美しくて引き込まれました。虚ろな目で光る短剣をフラフラと追いかけて3人に完全に身を預ける丸山くんの、指先から足先まで神経張り巡らせてる感がすごかった…ターンも綺麗でさすがジャニーズ…ってなったんだけど、そこでマクベスがジャニーズの丸山隆平だと言うことを忘れてマクベスをただマクベスとして見ていた自分にようやく気付いてびっくりした。彼こんなに表情豊かで引き込まれる演技魅せつけてくるけどアイドルなんだぜ…?マジ…?鐘の音で我に帰ったマクベスの「聞くなよ〜ダンカン」がちょっとだけ丸山隆平くんで笑ってしまったのは秘密です

 

ダンカン暗殺後、血だらけでマクベス夫人と落ち合うマクベス。すっかり気が動転したマクベスの涙声での「マクベスは眠りを殺した」「マクベスにもう眠りはない」が忘れられない。顔中にべったりと塗られた血糊とマルちゃんがかいた汗が混じった水分が髪とか顎とかを伝ってぽたぽた床に垂れてるのがほんとに涙みたいで見ていてとても辛かったです。そんなマクベスに喝をいれつつもどこか心配そうなマクベス夫人はやっぱり健気で可愛い。マクベス夫人に短剣を持ってきてしまっていることを指摘されたマクベスの手と、すっかり弱気になったマクベスを見兼ねて短剣を置きに行ったマクベス夫人の手が同じ血で濡れたまま向かい合う絵が最高にエッチだった。血だらけの自分の手を見て絶望に陥るマクベスに「ほんの少しの水できれいに消えます」ってぴしゃりと言い捨てるマクベス夫人がのちにあんな風になるなんて誰が予想した?しんど!!!

 ここまでの白シャツに黒いパンツスタイルのマクベスの衣装がいちばん好きです。腰の高さも体の厚さも浮き彫りで、溢れ出る色気が最高です。ちなみに2番目に好きなのはその次の寝起きのシーン、薄っすら割れた腹筋の見える裸に紺色のガウンを羽織っているみんな大好きなあれ

 

 

 

と、ここまで4000字ちょっと書いてきたわけなのですが、まだストーリーの1/4くらいしか追えてないですねコレ。わたし課題の4000字のレポートには大苦戦するのに…(笑)けれどバンクォーの亡霊に翻弄されるマクベスもすっかり変わってしまった目のイったマクベスもマクダフ夫人とその息子さんのやりとりも夢遊病になったマクベス夫人もロスのくずっぷりも全部全部大好きで、ちゃんとこの愛を文字に起こさないとわたしマクベスロスで死ぬと思う…。とりあえずいつまでたっても書き終わりそうにないので<前編>と名前をつけてアップしちゃいます。後編があるのかどうかは知らない。どうせわたしの備忘録でしかない。

 

サタプラでお披露目されたニューヘアーがきゅるんきゅるんなワンコみたいでとっても可愛い。前髪長めの襟足短めってそれわたしのためでしょう???わたしのために切ってくれたんでしょう???ウェブで「どうせ。」とか言っておきながら!髪型はどうしても賛否両論になるよねとかキラキラかつ闇感満載のブログ更新しておきながら!「どんなフリだよ怖いよ」とファンをビクビクさせた挙句みんなに愛されるニューヘアーを見せてくれるスーパーアイドル・丸山ポリネシアン隆平くんって本当罪なヤツ…真夏に限らず罪なヤツ(2回目)…丸山隆平さんにはこの髪型をお披露目した今日、ぜひともエゴサを目一杯楽しんで頂きたい。マルちゃんあいしてるよー!

 

 

 

櫻井鈴木小瀧がアツい

 

 

 

8/1、8/2を跨ぐ深夜になつさん、ヒナさんと共に繰り広げられた嵐櫻井、℃-ute鈴木、ジャニーズWEST小瀧の三角関係の妄想があまりにも激アツだったからわたしが見返す用にわたしの理想の時系列でわたしの為だけに並べてみたよ!わーい!

 

 

小瀧×鈴木

 

 

櫻井×鈴木

 

 

櫻井×鈴木×小瀧

 

 

櫻井と小瀧が互いの存在を察するきっかけ

 

 

櫻井小瀧の直接対決の幕開け

 *

 

 

だいぶ序盤で提案した「自分の手を汚さずに小瀧の周りを少しずつ破滅に追いやる櫻井翔」が見れるのはたぶんこの後。そろそろ愛理ちゃん高校卒業しないかな〜!なつさんとヒナさんが一生懸命展開してくださってる第2章がめちゃめちゃ楽しみ…

 

 

 

そのた

 

 

 

 

兼ヲタ楽しい。